Chrome – リーディングリストを削除(非表示)する方法

Chromeでリーディングリストを削除(非表示)する方法を紹介します。

リーディングリストはブックマークとは別に保存できる「後で読む」機能です。

後で読みたいページを追加すると「未読」「既読」の表示が付くので不要なページを削除しやすくて整理が簡単に行なえます。

追加する方法もブックマークと同じで「☆」をクリックで可能なのでそれなりに便利な機能ですが、表示される位置が悪いので邪魔に感じる人は非表示にしておきましょう。

リーディングリストを非表示にする

現状ではChromeの「設定」から非表示にすることはできません。

今後のアップデートで簡単にON/OFFができるようになるかもしれません。

Chromeのアドレスバーに以下を入力してEnterを押します。

chrome://flags

chrome://flags

「Search flags」の箇所に以下を入力します。

reading list

「Reading List」が表示されるので右側のプルダウンをクリックします。

「Disabled」をクリックします。

Disabled

設定を変更すると「Reaunch」ボタンが表示されるのでクリックします。

※クリックするとChromeを再起動します。

再起動

Chromeが再起動すると「リーディングリスト」が表示されなくなります。

タイトルとURLをコピーしました