Edge – 起動時に開くページを変更する方法

Microsoft Edgeで起動時に開くページの変更方法について紹介します。

起動時に開くページはデフォルトだとニュースページが開きます。

Web検索もできるので特に問題はありませんが、自分がよく使う検索エンジン(GoogleやYahoo!)などに設定するほうが使いやすくなるでしょう。

任意のページを開く以外にも「新しいタブを開く」や「中断したところから続行する」を選択することも可能です。

Edgeがよく使うブラウザであるなら、自分の使いやすい様にカスタマイズしておきましょう。

起動時のページを変更

Edgeを起動したら右上の「…」→「設定」をクリックします。

設定

設定ページが開くので「起動時」をクリックします。

起動

以下の3つから選択可能です。

  • 新しいタブを開く
    デフォルトの設定
  • 中断したところから続行する
    前回閉じた時に開いていたタブページが開く
  • 特定のページを開く
    設定したページを開く

ここではEdge起動時に開くページをGoogleにする手順で解説していきます。

「特定のページを開く」をクリックしてチェックをつけます。

特定のページを開く

「新しいページを追加してください」をクリックします。

新しいページを追加

起動時に表示したいページのURLを入力して「追加」をクリックします。

スタートページ

Googleが追加されました。

ページを追加

追加したページを編集、削除したい場合は追加したページの右にある「…」から可能です。

以上で設定完了です。

Edgeを閉じて再起動して試してみましょう。

また、「新しいページを追加してください」に複数のページを追加すると起動時に設定したページが全て開きます。

タイトルとURLをコピーしました