Windows10 – バージョンとOSビルドを確認する方法

Windows10でバージョンとOSビルドを確認する方法を紹介します。

Windows10は定期的にバージョンをアップデートしていますが、バージョンのアップデートは手動で実行が必要な場合もあります。

PCでバージョンやビルド番号を確認することで、現在使用しているバージョンが最新かどうか確認することが可能です。

また、バージョンとビルドだけではどのアップデートが適用されているのか分かりづらいので、名前も一緒に紹介します。

Windows10 – バージョン一覧

バージョンビルドアップデート名リリース
10.010240Windows 102015年07月29日
151110586November Update2015年11月12日
160714393Anniversary Update2016年08月02日
170315063Creators Update2017年04月11日
170916299Fall Creators Update2017年10月17日
180317134April 2018 Update2018年04月30日
180917763October 2018 Update2018年10月02日
190318362May 2019 Update2019年05月21日
190918363November 2019 Update2019年11月12日

バージョンとビルドの確認

バージョンとビルドの確認方法を3つ紹介します。

設定画面で確認

スタートメニューの「設定」をクリックします。

設定

「システム」をクリックします。

システム

「バージョン情報」をクリックします。

※見当たらない人は左メニューを下にスクロールしてください。

バージョン情報

下にスクロールすると「Windowsの仕様」があり、「バージョン」や「OSビルド」の確認ができます。

Windowsの仕様

winverコマンドで確認

検索ボックスに「winver」と入力して「winver コマンドの実行」をクリックします。

winver

Windowsのバージョン情報が表示されます。

バージョン情報

エクスプローラーで確認

エクスプローラーを開いて「ファイル」→「ヘルプ」→「バージョン情報」をクリックします。

エクスプローラー

バージョンの確認ができます。

バージョン情報

以上がWindows10でバージョンとビルドを確認する方法となります。

各バージョンにはサポート期間が約1年半あり、新しいバージョンが出ると1つのバージョンがサポート終了となります。

過去の情報からみると最新3つのバージョンがサポートされている状態になるので、サポート終了したバージョンの人はサポートされているバージョンにアップデートするようにしましょう。

アップデートして不具合が出るようなら前のバージョンに戻すことも可能ですが、デフォルト設定だとアップデートしてから10日以内までなので気をつけて下さい。

あわせてこちらもご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました