Discord – ダウンロードとアカウント登録の手順 – 始め方

Discordのダウンロードやアカウント登録の手順を紹介します。

Discordは通話(VC)やチャットが可能で、動作の軽さや使い勝手の良さから利用者の多いアプリです。

とくにゲームで利用している人が多く、ゲーマー向けのアプリとして人気があります。

チャットは招待されたユーザーが参加できる「サーバー」で行われ、Discord単体でもビデオ通話や画面共有ができます。

身内だけのサーバーや大人数のサーバーなど、サーバーを自由に作成し、出入りも自由なため、様々な用途に使用できます。

最近のゲームではDiscordを使っている人しか入れないチームがあったり、YoutubeやTwitchなどの配信でも視聴者と遊びやすくなるツールとして利用されています。

そのため、オンラインで満足に遊びたい場合はDiscordを導入しておくといいでしょう。

Discordのダウンロード方法

Discordはブラウザでも利用可能ですが、一部の機能に制限があります。しかし、アカウントを作成しなくても使えたり、複数のアカウントを利用できるといったメリットもあります。

特殊な使い方をしなければ基本的にPC版やスマホ版(iPhone/Android)のアプリを利用するといいでしょう。

DiscordのPC版とスマホ版のダウンロードは公式サイトから可能です。

スマホの場合は各OSのストアから「Discord」と検索しても構いません。

ここではPC版で解説していきます。

「Windows版をダウンロード」をクリックします。

ダウンロード

※Macでアクセスした場合は「macOS版をダウンロード」の表示になります。

ダウンロード出来ない場合はDiscordのページで障害が発生している可能性があります。一旦時間を置いてから試してください。

ダウンロードしたファイルを起動するとログイン画面が表示されます。

アカウントの作成がまだなら「登録」をクリックします。

Discordのアカウント登録

ログイン画面が表示されればインストールは完了しています。

また、Discordは保存先を変更することができません。そのため、1ユーザー1アカウントが基本となります。

アカウント作成では以下の項目の入力が必要になります。

  • メールアドレス
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 生年月日

ユーザー名はDiscordで表示される名前で、日本語も利用できます。また、生年月日以外はいずれも後から変更可能です。

Discordのチャンネルには18歳以上でないとアクセスできないものもあります。そのため、適当に設定しないようにしましょう。

各項目で入力したら「はい」もしくは「続ける」をクリックします。

Discordのアカウント作成

Discordでは若干日本語がおかしい箇所がありますが、基本的には画像と同じ場所をクリックしていれば問題ありません。

画面上部に 「届いたメールを確認し、指示にしたがってアカウントを有効化してください。」 と表示されます。

この時点では本人確認が出来ていないため、まだアカウント登録が終わっていません。

届いたメールを確認し、指示にしたがってアカウントを有効化してください。

登録したメールアドレスに本人確認のメッセージが届きます。

メールを開いて「メールアドレスを認証する」をクリックします。

本人確認

メールが届かない場合は迷惑フォルダーや登録したアドレスが間違ってないか確認しましょう。

ブラウザで「メールが認証されました!」と表示されたらアカウントの有効化が完了です。

メールが認証されました

画面下に「私はロボットではありません」が表示されていたらチェックを入れて認証が完了します。タイミングによって手順に若干の違いがあります。

Discordの画面上部に「届いたメールを確認し、指示にしたがってアカウントを有効化してください。」の表示が消えていればアカウントの登録が完了です。

Discordのアカウント作成完了

以上の操作でDiscordを使う準備が整いました。

タイトルとURLをコピーしました